YouTube video

 

波崎新港とは

波崎新港は利根川河口北側にある大きな港です。

波崎新港のトイレ

残念なことに、波崎新港には釣り人が使えるトイレがありません。そのため、近くの公園かコンビニまで車で行く必要があります。

使える公園のトイレは波崎かもめ公園になります。

波崎新港の釣り場の特徴

とにかく広い港で、船の邪魔にならなければ、基本的にどこでも竿を出すことができます。

水深は結構深くて、6メートル以上はあると思います。波崎新港は朝夕のマヅメを狙えばサバやイワシの地合いは高確率であります。

当然、柵とかはないので、小さな子供連れにはちょっと厳しいかもしれません。

車の横付けが可能なのは非常に便利です。ただ、シーズンの週末になるとこの通り釣り人がたくさんやってくるため、釣り場の確保が難しいことがあるかもしれません。

港の内側は船が停まっているので、邪魔にならないように注意する必要があります。

視聴者さんからのコメント

ここはとにかく鯖が無限に釣れます!でもオイラは此処ではサビキで釣った魚を同じ所に泳がせてヒラメを釣るのがメインですね(*^^*)
表層は鯖ばかりなので、ぶっ込みサビキで底のアジを釣って使います。
地元のおじさんは水路でハゼを釣って泳がせてヒラメを狙うみたいです。
ハゼが特効エサらしいです。
それとジグサビキでショゴが釣れるみたいですよ(*^^*)
後オイラは此処に来たら帰りに「ゆ~ぽ~と波崎」という日帰り入浴施設で温泉♨に入ってノンビリしてから帰りますよ(*^^*)

私もよくそこに行きますけど、釣れる日と釣れない日の差が激しいんですよね

サビキ釣り最強仕掛け:トリック仕掛けの紹介

お手軽なサビキ釣りですが、サビキ釣りの中でも最強釣果を誇る仕掛けがトリック仕掛けです。

トリック仕掛けに必要なもの

4-5mの磯竿

まず必要なものは竿です。それほど高価な竿は不要ですが、唯一のポイントとしては5m程度のある程度長い竿の方が良い、ということです。これは、基本的にこの釣りは足元に落とすため、なるべく長い方がアプローチするレンジが広がるためです。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥7,850 (2022/09/28 21:40:10時点 Amazon調べ-詳細)

2000-2500番台の逆転レバー付きのリール

リールは逆転レバー付きの2000-2500番台のリールを使います。逆転レバーが大切なのは、そろーりと仕掛けを水の中に入れてそのまま沈めることができるからです。最近のシマノのリールは逆転レバーを廃止してしまっているので、トリックサビキをやろうと思っている方はシマノのリールは避けましょう。

この逆転レバーがないと、仕掛けを落とすときにベールアームを開けてラインを落とすわけですが、勢いがありすぎて、仕掛けが水面に入るときにコマセが針から取れてしまいます。コマセが針から取れると釣りにならないので注意が必要です。

ダイワはちゃんと逆転レバーがあるので安心です。以下のモデルは糸付きのお手軽なタイプです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥5,341 (2022/09/28 23:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

トリック仕掛け

トリックサビキ用の仕掛けです。いろいろなメーカーが仕掛けを販売していますが、個人的にはこのMarufujiのトリック7が最強です。

このトリック7は小型のものから、大型のものまで色々なサイズがあります。また夜釣りで使えるものもあります。

created by Rinker
マルフジ(Marufuji)
¥361 (2022/09/28 23:54:59時点 Amazon調べ-詳細)

このトリック7が優れているのは以下の点です。

多過ぎず、少な過ぎない7本針。あまりに多すぎるとお祭りのリスクが高まり、逆に少なすぎると釣果が下がります。

それぞれの針が2本セットになっており、コマセがよく引っかかる。時々1本針のトリック仕掛けが売っていますが、コマセが本当に引っかかりません。または引っかかっても水に入れるとすぐに取れてしまったりします。

再利用可能な強度。このトリック7は大切に使えば、何度も使いまわすことができます。仕掛けも消耗品ながら、なかなかのお値段がします。使い終わったら、この仕掛け巻きに巻き取って、水洗いすれば次回また使えます。

created by Rinker
明邦(Meiho)
¥740 (2022/09/28 06:35:44時点 Amazon調べ-詳細)

安いトリック仕掛けを使うと、針がすぐに取れてしまったりして、使い捨てになってしまうことも多々あります。

錘(オモリ)

また、トリック仕掛けの下には錘を付ける必要があります。通常3号前後の小さいオモリを使います。

created by Rinker
マルフジ(Marufuji)
¥195 (2022/09/28 22:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

錘については、以下のような持ちやすく、かつ底の魚を狙える針がセットになっているユニークなものもあります。

created by Rinker
マルフジ(Marufuji)
¥377 (2022/09/28 13:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

スピード餌ツケ器

コマセを仕掛けの針につけるときに大活躍します。これがないと釣りになりません。通常、大きな輪ゴム等でフェンスなどに固定します。

created by Rinker
第一精工
¥601 (2022/09/28 03:49:36時点 Amazon調べ-詳細)

フェンスなどがない場合のために、バケツと一体化したものもあります。これも便利です。

created by Rinker
第一精工
¥1,255 (2022/09/29 00:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

餌はアミコマセ

餌は冷凍のアミコマセを使います。ここで注意が必要なのですが、最近はやりのアミ姫はこのサビキ釣りには不向きです。というのも、使ってみると分かりますがエビが針に全然引っかからないのです。

ロッドホルダー

通常のサビキ釣りは籠の中にコマセを入れて竿を振って魚を寄せますが、トリック仕掛けの場合は待ちの釣りとなるため、竿をなるべく水平にして、当たりが分かるようにする必要があります。

その時に役立つのがロッドホルダーです。僕が愛用しているのがこのタイプです。このロッドホルダーの優れたところは、かなり幅の広い柵でも問題なく使えることです。

created by Rinker
NAKAZIMA(ナカジマ)
¥2,105 (2022/09/28 13:14:02時点 Amazon調べ-詳細)

なお、ロッドホルダーは場所によっては使用禁止になっているところもあるので注意が必要です。

トリック仕掛けの釣り方

釣り方は簡単で、仕掛けをピント張って、餌付け器に入れたコマセの中に仕掛けを通します。

仕掛けに餌が付いたら、ロッドホルダーに竿を固定して、リールの逆転レバーを使って、ゆっくりと仕掛けを水中に落とします。

棚は最初には底から始め、当たりがなければ少しずつ上にあげていきます。針についたコマセはすぐに取れてしまうので、マメに餌を交換しましょう。

魚がいれば、絶対に釣れます。釣れる魚はアジ、イワシ、サッパ、サバなどです。