YouTube video

江戸川・北越製紙工場前とは

江戸川・北越製紙工場前とは千葉県市川市にある北越コーポレーション関東工場の横にある護岸帯のことです。主に2つの排水塔に挟まれた区間に、テトラ帯が敷き詰められており、手長エビのポイントとして有名です。

この工場は古紙を原料にして、版紙を生産しています。周辺は住宅地であることを考えると、かなり浮いた施設と言えます。苦笑

江戸川・北越製紙工場前までのアクセス

車で行く場合の駐車場

車で行く場合は、徒歩5分ほどのところに有料駐車場があります。

電車で行く場合

電車で行く場合は市川駅から徒歩15分ほどです。

周辺のトイレ

残念ながらトイレは近くになく、800m上流にある、さくら堤公園の公衆トイレが最も近いトイレになります。自転車が欲しくなる距離です。

江戸川・北越製紙工場前の釣り場の特徴

このポイントは、排水塔に始まり排水塔に終わります。

排水塔下はこのように工場から水が流れ出ています。

とにかく足場のいいテトラ帯が広がっていて、非常に快適な釣り場といえます。

テトラはとても綺麗に並んでいます。

手長エビとは? 手長エビ釣りお勧め仕掛け

手長エビや、手長エビ釣りに役立つ仕掛けや道具を紹介します。

手長エビとは

テナガエビ(手長蝦)は熱帯・温帯の淡水域や汽水域に生息する大型のエビで、名前の通り第2歩脚が長く発達しています。

手長エビの生態

温暖な地方の淡水や下流・汽水域の河川、湖沼に生息していて、基本は夜行性です。そのため、昼間は石の下や護岸の穴やテトラポッドの下、水草の茂みに隠れています。曇って陽が照っていない時であれば昼でも活動し、姿を確認することができる。縄張り意識が強く、他の個体と遭遇すると戦って排除しようとします。

繁殖期は5月から9月で、メスは直径1mm足らずの卵を1000 – 2000個ほど産卵します。テナガエビは幼生は海、少なくとも汽水域まで降河して成長します。孵化したゾエア幼生は川の流れに乗って一度海へ下り、植物プランクトンやデトリタスを食べて成長し、1ヶ月ほどで体長5mmほどの稚エビになリマス。そして、その後稚エビは川底を歩いてさかのぼり、以降は淡水域で過ごすことになります。

そのため、釣りの対象になる手長エビたちは、海からはるばる遡上していた個体ということになります。

食性はほぼ肉食性で、水生動物や魚の死骸、イトミミズなどの有機物なら何でも食べます。

なお、寿命は1年から3年ほどと言われています。

手長エビ釣りの仕掛けと道具

竿

手長エビ釣りは延べ竿を使いますが、ウキの動きをじっくりみて釣るスタイルのため、長い竿は使われず、通常は2m以内の延べ竿を使うことになります。

仕掛け

手長エビ釣り用の仕掛けが売っているので、それを使うのが簡単です。

以下は一般的なウキです。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥203 (2022/12/06 03:32:39時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはウキの動きが分かりやすいシモリウキです。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥495 (2022/12/06 12:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

手長エビ用の針の特徴は、針に返しがないことです。返しがある針を使うと、針を抜く際に手長エビを痛めて死んでしまうため、泥ぬきができなくなるため、この手長エビ用の返しがない針を使います。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥242 (2022/12/06 12:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

手長エビの餌

肉食が強いので、釣り餌も赤虫やサシ(蛆)、ミミズなどが使われる。

created by Rinker
ノーブランド品
¥390 (2022/12/06 12:00:53時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コメット
¥380 (2022/12/05 16:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

他にもソーセージ、魚の切り身、イカ等でも釣れます。

手長えびの食べ方

塩茹でや唐揚げなどで美味しく食べることができます。

他の淡水魚や淡水性甲殻類と同様に寄生虫を保持する可能性があり、生食はお勧めできません。

手長エビ特集雑誌

手長えびの釣り方や関東圏でのポイントは以下の雑誌に詳しく特集されています。

created by Rinker
¥1,100 (2022/12/05 16:30:19時点 Amazon調べ-詳細)