YouTube video

 

佃堀とは

佃堀は東京都中央区の月島駅近くにあるハゼ釣り場です。

この佃堀は元々は佃川の支川だったらしいのですが、佃大橋ができたときに川が埋められて、行き止まりになってしまい、それ以降は佃堀となったそうです。

佃堀へのアクセス

佃堀へのアクセスですが、月島駅の6番出口から徒歩2分という好立地です。

駅近くにはコインパーキングがいくつかありますが、平日の日中の料金がとにかく高い!最大2500円も取られてしまいます。

6番出口近くにはコンビニもあり、非常に便利です。

佃堀のトイレ

この佃堀ですが、大変便利なことにトイレが2箇所も設置されています。

上の地図で左側にあるトイレです。物凄く綺麗で新しいトイレでビックリしました。東京屈指のトイレだと思います。笑

こちらが佃小橋の横にあるトイレ。こちらは古いトイレです。上は洋式でしたが、こちらは和式でした。笑

佃堀の釣り場のポイント

佃ばりですが、佃小橋を挟んで大きく2箇所釣りのポイントがあります。

ポイントA

こちら側がハゼ釣りの本命ポイントです。

この日も平日なのに10名くらい延べ竿を垂らしてハゼを狙っていました。

一番釣りやすいのは対岸に見えている突き出したテラスだと思います。

奥に佃小橋が見えます。

テラス部分。真下からハゼを狙うことができます。

佃小橋

佃小橋ですが、この通り釣りが禁止されています。

残念ですが危ないので当然です。

ポイントB

小橋の上からポイントBをみた風景です。こちらは船だまりになっています。

ただし、こちら側は2019年の護岸工事以降は川底がまっ平になたため、あまり釣れなくなってしまったようです。

さらに奥に行くと、昔の佃川の支川の名残が見えます。この奥に行くと隅田川に合流します。