YouTube video

 

葛西海浜公園とは

葛西海浜公園とは、葛西臨海公園の橋を渡った先にある海浜公園です。葛西海浜公園は西なぎさと東なぎさに分かれていますが、東なぎさは保護区域になっていて、立入禁止になっています。

葛西海浜公園へのアクセス

車で行く場合

車で行く場合は、葛西臨海公園の第一駐車場を使うことになります。ここは181台駐車可能な広い駐車場です。第二、第三は第一が満車になった時に解放される予備の駐車場で、最大2700台の車が停車可能です。

料金の方も駐車してから初めの1時間までは200円、その後は30分で100円ずつ料金が加算されて、一日最大1500円となります。

電車で行く場合

電車で行く場合は、JR京葉線の葛西臨海公園駅を使うことになります。

下車後、1キロ海まで歩く必要がある

駐車場、駅いずれも、下車してから西なぎさまでは1キロくらいの道を歩く必要があります。

ただし、葛西臨海公園内は自転車の利用が認められているため、可能であれば自転車で移動すると楽になるはずです。

葛西臨海公園の施設

売店

葛西海浜公園のに行く途中に売店があり、軽食を購入することができます

駐輪場

なぎさ橋の横に駐輪場があります。

葛西臨海公園は全面釣り禁止

非常に足場のいい場所が揃っていはいますが、残念ながら、葛西臨海公園は全面釣りが禁止されています。

本当に残念です。

葛西海浜公園の施設

葛西海浜公園は朝9時から5時までの利用

葛西海浜公園ですが、朝9時から5時までの利用となります。

足洗い場あり

葛西海浜公園は遊泳が禁止されていますが、足を洗う場所は用意されています。

自動販売機とトイレ

管理棟に自動販売機があります。その奥に見えているのはトイレです。あまり綺麗ではありません。

葛西海浜公園の釣り場の特徴

葛西海浜公園は投げ釣り禁止

まず重要なこととして、この公園は投げ釣りが禁止されています。そのため、最も安全な釣りは延べ竿を使った釣りとなります。

釣り可能な場所と釣り禁止場所

また、この釣り場ですが、内側は全面釣り禁止となっています。そのため、釣りができるのは青い部分だけです。

潮干狩りポイント

内側の砂浜は釣りは全面禁止ですが、春から初夏になると潮干狩りを楽しむことができます。料金は無料です。

ここは砂浜というより、泥と土が砂に混じったような場所で、正直あまり綺麗ではありません。

 

監視員さんが教えてくれたお勧めの釣りポイント

下見に行った日に、偶然監視員さんとお話しできたので、お勧めの釣りポイントを聞いてみたら、以下の3箇所を教えてくれました。

お勧め釣りポイントその1

東なぎさとの向かいにある突堤の先端部分です。一番奥はフェンスで入れなくなっていますが、その手前から外海に竿を出すことができます。

監視員さんの話だと、通常の投げ釣りは完全に禁止されていて、注意して回っているそうですが、ルアー程度ならば大目に見てくれるようです。ただ、これは監視員さんによると思いますので、ご注意ください。

お勧め釣りポイントその2

なぎさ橋周辺。ここは石が敷き詰められていて、トイレなどからも近いのが良いところです。

この日も5、6人が橋の周辺でルアーを投げていました。

お勧め釣りポイントその3

最後のポイントは、荒川との合流ポイントとのことです。ただ、合流地点まで行くにはかなり歩かないといけないので、ちょっと覚悟が必要です。